宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台三逃げ切る

塩釜−仙台三 7回を2安打無失点と好投した仙台三の先発神戸

 ▽3回戦(仙台市民)

塩 釜000000010=1
仙台三01000100×=2

 【評】仙台三が逃げ切った。二回2死二、三塁、神戸の左前打で先制。六回には岩渕の右前適時打で加点した。先発神戸は7回無失点の好投。塩釜は八回、1点差に迫ってなお1死二塁の同点機を生かせなかった。

<控えの神戸好投>
 「神戸(かんべ)のナイスピッチング、それに尽きますね」
 仙台三の佐々木監督は開口一番、記者の質問を遮る勢いで背番号11の力投をたたえた。7回2安打で無失点。控え投手がチームを2年ぶりの4回戦へ導く原動力となった。
 雨で中止の前日は、主戦木村の名前がメンバー表にあった。「でも、ブルペンは神戸の調子が良かった」(佐々木監督)。木村のスライドをやめて神戸を抜てきした。
 公式戦初先発。試合前から緊張していたという。初回は死球、四球で無死一、二塁のピンチ。しかし、3番菊地の投前への犠打をフィールディング良く処理して三塁封殺。好守で切り抜けて相手に流れを渡さなかった。
 二回以降は「とにかく先頭打者だけ気を付けた」という捕手の岩渕のもくろみ通り、のらりくらりとゼロを重ねた。「できれば五回まで」という佐々木監督のプランをいい形で裏切った。
 雨の影響で仙台三は準々決勝まで3連戦を強いられる。「エースの木村を楽にさせたいという意思はあった。少しでも休ませられたのは大きい」と神戸。正念場を前に、頼れる脇役が現れた。(剣持雄治)


2017年07月26日水曜日


先頭に戻る