宮城のニュース

地球温暖化の影響?寒冷地のメダカの郷で、あの動物ゆかりの南国フルーツ実る

バナナの実を指さす高橋孝憲さん=7月13日午前10時30分ごろ、宮城県大崎市田尻大貫の「メダカの郷」

 ◇…ビオトープで約30万匹のメダカが育っている宮城県大崎市田尻大貫の「メダカの郷(さと)」で、モンキーバナナの実が木になり、訪れた人を驚かせている。
 ◇…郷を主宰する高橋孝憲さん(69)が15年以上前、知人から譲り受けて木を植えた。2年前から実をつけるようになり、今年も7月初めに緑色のバナナの房を確認できた。
 ◇…「収穫はお盆ごろ。今年は暑いから甘い実になりそう」と高橋さん。地球温暖化の影響なのか、北の地で結実した熱帯の果物を見ていると、やはり言いたくなる。「そんなバナナ!」と。(小牛田)


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月27日木曜日


先頭に戻る