宮城のニュース

<楽天>松井稼と今江が活躍 PL出身ベテランコンビで決勝点

7回東北楽天2死一塁、今江が中前に勝ち越し適時打を放つ=2017年7月26日、コボパ宮城

 東北楽天は、松井稼と今江の大阪・PL学園高出身ベテランコンビでしぶとく決勝点を奪った。
 1−1の七回2死走者なし、松井稼が四球を選んで出塁し、続く今江が変化球を中前にポテン安打。中堅柳田が滑り込んだが取れず、スタートしていた松井稼が本塁を駆け抜けた。「もしかしたら落ちるかもと、真喜志コーチの動きだけを見て走った」と松井稼。今江も「大先輩は足が速いから、ヒットを打てばかえってくれると思った。形がどうであれ、点が入ってよかった」と振り返った。
 梨田監督は「40歳をすぎても、最後まで何かあるかもしれないと準備してくれる。他の選手も見習わないと」とベテランの走塁をたたえた。


2017年07月27日木曜日


先頭に戻る