宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台三 木村6安打完封 投手戦制す

仙台三−仙台 9回表仙台三無死三塁、暴投で本塁カバーに走る仙台・佐藤隼(左)。三走本明(右)に生還を許す

 【評】仙台三が投手戦を制した。四回1死一塁から岩渕が右前打を放つと、敵失が絡んで先制。九回は無死三塁から暴投で追加点を挙げた。主戦木村は6安打完封。仙台は主戦佐藤隼が11三振を奪い9回2失点と力投したが、味方打線の援護がなかった。

 ▽準々決勝(石巻市民)
仙台三000100001=2
仙 台000000000=0

<「楽しもうと思って投げた」>
 仙台三は主戦木村が6安打完封。佐藤隼との投げ合いを「楽しもうと思って投げた」と充実した表情で振り返った。
 僅差の展開になると読み、「絶対に先制点は与えない」と強く腕を振った。緩急を使って早いカウントで追い込み、最後はスライダーが効果的に決まった。
 佐藤隼からは「絶対に甲子園に行けよ」と声を掛けられた。準決勝の相手は春の地区大会で敗れた東北。「恐れることはない。全力でぶつかる」と雪辱を誓った。

◎仙台のプロ注目左腕9回2失点/佐藤隼ミスに泣く

 今大会の主役が準々決勝で消えた。仙台の主戦佐藤隼は、ネクストバッターズサークルで試合終了を迎えた。「すぐには(敗戦を)受け入れられなかった」とうつむき、立ち尽くした。
 球威、制球とも申し分なかった。直球でねじ伏せ、時にスライダーでバットに空を切らせた。4回戦まで4試合を1人で投げ抜き、わずか2失点。この日も疲れをみじんも感じさせず、完封ペースかと思われた。
 四回、落とし穴が待っていた。1死一塁。右前打を浴びると、失策が重なり一走の生還を許した。普段なら得点圏に走者を置くとギアを上げて抑えるが、ギアチェンジのタイミングを逸した。九回には自らの暴投で失点し、力尽きた。
 9回2失点は好投には違いないが、ミスに泣いた。「納得のいく球は投げられたが、相手の力が上だったと思うしかない」。涙を浮かべながら自分に言い聞かせた。
 1回戦で18三振を奪ったプロ注目の左腕。石垣監督は「人には見せないが、重圧はあったと思う。勝たせてやれなかったのは私のせい」とおもんぱかる。佐藤隼は進路について、「プロに興味がないわけではない。気持ちは進学と五分五分」と言葉を選んだ。(佐藤夏樹)


2017年07月28日金曜日


先頭に戻る