宮城のニュース

<楽天>創生期支えた楽天戦士 躍動 コボパ宮城特別マッチ 一場、福盛さんら

久しぶりに東北楽天のユニホームに袖を通した一場さん(左)。中央奥は福盛さん、右は中島俊哉さん

 プロ野球東北楽天のOBが出場する「楽天イーグルスレジェンドマッチ」が27日、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)で開かれ、懐かしい顔が元気なプレーを見せた。
 初めての取り組みで、2007年本塁打王、打点王の山崎武司さんや、創設1年目のドラフト自由枠投手の一場靖弘さん、初代抑え投手の福盛和男さんら20人が出場。仙台市のクラブチーム「TFUクラブ」と対戦した。
 東京で会社員をしている一場さんは、先発して歓声を受けた。「緊張はしなかった。力を入れて投げたら四球だった」と苦笑い。山崎さんは「後輩の尻をたたくことしかできないけど、応援したい」と語った。
 福盛さんのユニホームを手に応援した仙台市宮城野区の鈴木幸司さん(47)、郁美さん(37)夫妻は「久しぶりの勇姿に、あの頃を思い出す。毎年やってほしい」と話した。


2017年07月28日金曜日


先頭に戻る