青森のニュース

<高校野球青森>青森山田8年ぶり優勝

八戸学院光星−青森山田 7回表青森山田1死三塁、勝ち越しとなる犠飛を放つ赤平

 第99回全国高校野球は27日、青森の決勝が弘前市のはるか夢球場であり、青森山田が八戸学院光星を5−3で破り、8年ぶり11度目の夏の甲子園出場を決めた。

<終盤に一気>
 青森山田が終盤の好機を逃さず競り勝った。三回と六回に1点を取り合う互角の展開。両チームの我慢比べが続いた。
 七回1死三塁、3番赤平の左犠飛で1点勝ち越す。九回には一死一、二塁で、再び赤平が左中間を破る2点二塁打を放ち突き放した。
 4打点と活躍した赤平は「つなぐスイングを意識した。結果につながって良かった」と語った。主将の相坂も「冷静にやれた。山田の守りの野球を全国に見せられるようにやりたい」と抱負を述べた。
 兜森監督は「長い8年間だった。選手の成長力に期待し、長く野球ができれば」と甲子園での戦いを見据えた。

 【青森】
 ▽決勝
青森山田
    001001102=5
    001001001=3
八戸学院光星
(青)斉藤勇、三上―福原
(八)成田、福山、向井、福山―瀬川
(本)小池(八)


2017年07月28日金曜日


先頭に戻る