福島のニュース

会津若松で住宅全焼 2人死亡、3人けが

消火活動が続けられた火災現場。煙が上がる住宅(正面奥)の焼け跡から2人の遺体が見つかった=27日午前4時30分ごろ、福島県会津若松市花春町

 27日午前3時50分ごろ、福島県会津若松市花春町、無職本島宜久(のぶひさ)さん(52)方から出火、木造2階の住宅約210平方メートルが全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。他に3人がけがをして病院に運ばれた。
 会津若松署などによると、本島さん方は5人暮らし。本島さんと三男で中学2年の悠さん(13)と連絡が取れず、同署は2人の可能性があるとみて遺体の身元や出火原因を調べている。
 他の3人は、本島さんの妻のパート従業員絹枝さん(52)が頭に、義母の無職和子さん(84)と長男の会社員遼さん(23)が喉にやけどなどのいずれも軽いけが。和子さんが出火に気付き、遼さんが110番した。絹枝さんと遼さんは2階から飛び降りたという。
 近所の女性(76)は「窓を開けたら真っ赤に燃えて爆発音がし、手が付けられないような状態だった。宜久さんは脳梗塞を患い、脚が不自由だったと聞いている」と話した。
 連絡が取れない悠さんの中学校の教頭(58)は「真面目で口数が少なく、勉強に一生懸命な生徒。卓球部に所属し、昨日も練習をしていた」と語った。
 現場はJR会津若松駅から南東に約2キロの住宅街。国の名勝に指定されている御薬園の東側に隣接している。


関連ページ: 福島 社会

2017年07月28日金曜日


先頭に戻る