広域のニュース

<南東北インターハイ>高校生の熱い夏元気と感動届け 天童で開会式

開会式では宮城県選手団も手を振って声援に応えた

 宮城、山形、福島の3県を舞台とする高校スポーツの夏の祭典、全国高校総合体育大会(南東北インターハイ)が28日、天童市の山形県総合運動公園で開幕した。8月20日まで30競技(ヨットは和歌山県)で熱戦が繰り広げられる。
 総合開会式は皇太子さまを迎え、約4000人が参加。地元山形の庄内総合高陸上部3年佐藤俊平、鶴岡東高ソフトボール部3年中野沙羅の両選手が「多くの人に笑顔と元気と感動を届けられるよう全力で競技する」と宣誓した。
 宮城県選手団の大沼博之団長は「南東北開催で選手も気持ちが入っている。元気な宮城を発信したい」と話した。
 大会は「繋(つな)がる絆 魅せよう僕らの若き力」がスローガン。既にソフトテニスと自転車の2競技が始まっている。28日はバスケットボールの男女1回戦などがある。29日は陸上など6競技が始まる。


2017年07月28日金曜日


先頭に戻る