福島のニュース

同居の同僚殺害容疑、除染作業員逮捕

 アパートで同居する同僚を刃物で切り付けるなどして殺害したとして、二本松署は28日、殺人の疑いで、福島県二本松市榎戸1丁目、除染作業員横井一広容疑者(63)を逮捕した。
 逮捕容疑は27日から28日未明にかけ、自宅アパートで、作業員橋本和幸さん(58)の頭や腰を刃物で刺したり、殴るなどして殺害した疑い。同署によると、容疑者は「自分がやった」などと話している。二本松署は29日に司法解剖するとともに、2人の間にあったトラブルが原因とみて動機などを調べる。
 福島県警によると、横井容疑者から同日朝、「橋本さんとトラブルがあった」という旨の電話を受けた上司がアパートに駆け付け、ベッドに倒れ込んでいた橋本さんを見つけた。室内には当時、容疑者がいた。血の付いた刃物が室内から見つかっている。
 現場は国道4号から西に400メートル離れた住宅街。


関連ページ: 福島 社会

2017年07月29日土曜日


先頭に戻る