宮城のニュース

<交通事故>17年上半期 宮城の死者過去最少17人

 今年上半期に県内で発生した交通事故による死者数は17人で、現在の形で統計を取り始めた1956年以降、最も少ないことが29日、県警のまとめで分かった。県警は、コンピューターによる事故分析や事故を繰り返す高齢ドライバーへの訪問指導などが功を奏したとみている。
 過去10年の県内の交通事故による死者数の推移はグラフの通り。死者数は漸減傾向にあり、今年上半期の死者数は昨年同期と比べ約半分の17人だった。
 県警は、減少した要因について(1)地理情報システム(GIS)を使った事故分析(2)事故を繰り返す高齢ドライバー対象の訪問指導−の2点を挙げる。
 県警交通企画課によると、数年前からGISを使って事故の発生場所や時間帯を分析し、多発する現場にパトカーなどを重点的に配置。取り締まりを強化した結果、高齢歩行者が巻き込まれる死亡事故が激減したという。
 2016年8月以降、1年に2回以上交通事故を起こした70歳以上の高齢ドライバーへの訪問指導も実施。県警職員がドライバー宅を訪れ、安全運転の仕方をアドバイスしたり、免許返納を促したりしてきた。
 交通企画課の手島俊明交通事故総合分析室長は「事故は下半期に増加する傾向があり、楽観視はできない。積み上げたデータを分析し、事故抑止につなげたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月30日日曜日


先頭に戻る