宮城のニュース

<たまご祭り>もふ×2触れてピヨ×2

ひよこと触れ合う子どもたち

 鶏卵生産大手のイセ食品色麻工場(宮城県色麻町)で29日、「イセたまご祭り」が開かれた。会場内で飲食できるチケット付き卵パックの販売などがあり、多くの地域住民が買い求めた。
 厚焼き卵、煮卵、カステラといった卵製品の販売ブースが並んだ。地元の園児はステージでお遊戯を披露した。ひよこと触れ合える体験コーナーでは、子どもたちがひよこを手に乗せて、歓声を上げていた。
 同社は地域住民との交流を図ろうと、10年前から開催。祭りの収益は色麻、加美両町に寄付している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年07月30日日曜日


先頭に戻る