山形のニュース

<新庄まつり>ユネスコ登録祝い弁当販売 季節のごちそう満喫して

ユネスコ無形文化遺産登録を記念して販売される「新庄まつり弁当」

 新庄まつり(8月24〜26日)の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録を記念し、山形県料理飲食業生活衛生同業組合新庄支部はまつり期間中、家庭料理を詰めた「新庄まつり弁当」を販売する。支部は「まつりを見て楽しむのはもちろん、新庄の味も満喫して」とPRする。
 魚のエイを干した「からかい」をしょうゆ、砂糖などで味付けたからかい煮や昆布巻きニシン、新庄市名物の鳥モツ煮、しそ巻きなど十数種類が入る。支部加盟の9店舗が調理し、斎藤伸治支部長は「この時季の新庄のごちそうを詰め込んだ」と話す。
 新庄まつり弁当は1個1500円。8月20日までに予約が必要。連絡先は山葵(わさび)家(や)0233(23)4820。


関連ページ: 山形 社会

2017年07月30日日曜日


先頭に戻る