宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台育英決勝へ 再試合、東陵下す

仙台育英−東陵 3回表仙台育英2死一、二塁、杉山が右前適時打を放ち、3−0とする

 第14日は31日、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城で前日に延長十五回引き分けで再試合となった準決勝1試合があり、仙台育英が東陵を5−1で破って決勝へ進出した。東北との決勝戦は8月1日午前10時から同球場で行う。
 仙台育英は三回2死二、三塁から山田の右前2点打と、杉山の右前適時打で計3点を先取。七回と九回には、いずれも山田の右中間適時二塁打、右翼線への適時三塁打で1点ずつを奪い、東陵を突き放した。主戦長谷川、佐川の継投も決まり、東陵打線を3安打1得点に抑えた。

 ▽準決勝

仙台育英003000101=5
東  陵000000001=1


2017年07月31日月曜日


先頭に戻る