宮城のニュース

ラグビーW杯 キャンプ地誘致 歌で石巻を応援

「さあ いこう」を明るく歌う寺田さん

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の公認キャンプ地誘致を目指す石巻市を応援しようと、シンガー・ソングライターの寺田有希さんが31日、石巻市役所でミニコンサートを開いた。
 寺田さんはファンら約60人を前に計4曲を披露。自身が作詞作曲した「ストリートラグビー」の公式応援ソング「さあ いこう」を熱唱し、聴衆から大きな拍手が送られた。
 寺田さんは「石巻の皆さんは本当に温かい」と感謝。「石巻は東日本大震災で大変だったと思う。だからこそ、キャンプ地になればたくさんの人が集まり、元気を置いていってくれるはず」と願った。
 寺田さんは大阪府出身。女優やタレントとしても活動している。
 市内では同日開幕した「石巻川開き祭り」の一環としてストリートラグビーのイベントがあり、キャンプ地誘致の機運を高めた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月01日火曜日


先頭に戻る