宮城のニュース

「動物の骨が面白かった」村田みらい館 町の歴史と文化伝え来場50万人

記念品を受け取る奏太君(右)と夕莉ちゃん

 村田町歴史みらい館の来館者が1日、50万人に達し、記念式典が開かれた。
 50万人目は、町内に住む祖父と訪れた仙台市原町小1年倉繁奏太君(7)と妹の幼稚園児夕莉ちゃん(5)。佐藤英雄町長から記念品として町のキャラクター「くらりん」のグッズを受け取った。
 奏太君は「動物の骨が展示されていて面白かった。また来たい」とにっこり。佐藤町長は「今後もみらい館を通じて村田をPRしたい」と語った。
 町歴史みらい館は1994年10月にオープン。町内の歴史や文化を伝える資料展示室や図書室を備え、企画展も実施している。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年08月02日水曜日


先頭に戻る