福島のニュース

<福島第1>デブリ取り出し「気中」を軸に「冠水」は断念

 東京電力福島第1原発の廃炉に関して技術的に助言する原子力損害賠償・廃炉等支援機構は31日、炉心溶融(メルトダウン)した1〜3号機からの溶融燃料(燃料デブリ)の取り出しについて、格納容器に水を張らない「気中工法」を軸に、格納容器の底部に横からアクセスする工法を採る方針案を示した。
 いわき市であった国や福島県の関係者が集まる会合で、機構の山名元・理事長が説明した。国は今年9月に改定する廃炉の工程表に方針を盛り込む。2021年の取り出し開始を目指し、東電は切削装置などの研究・開発を進める。
 これまでの格納容器の内部調査は全て建屋1階からアクセスし、機器類の投入ルートなどに関して一定の知見を得ている。程度の違いはあるが、1〜3号機はいずれも核燃料が圧力容器の底を突き抜けており、格納容器下部に広がった溶融燃料の取り出しを先行させることが現実的と判断した。
 格納容器上部まで冠水させないことで溶融燃料が再臨界となるリスクを低減。放射性物質の飛散を防ぐ装置の開発も可能と評価した。
 格納容器上部まで水を張って上から取り出す「冠水工法」は、漏水を招く配管貫通部が上部に多いため、遠隔操作による止水補修が難しく現時点では採用を見送った。


2017年08月01日火曜日


先頭に戻る