広域のニュース

旅行者好む要素「東北にそろう」 ピーチCEO

 9月に仙台空港を拠点化する格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの井上慎一最高経営責任者(CEO)=写真=は仙台市内で講演し、「東北には自然やスキー、登山など国内と海外の旅行者が好む要素がそろい、大きなポテンシャルがある」と期待感を示した。
 同社の仙台−関西空港線が国内路線で最も搭乗率が高いことを紹介。「地域と一緒に最大限PRしたい」と述べた。
 同社は2020年までに機体数を倍増し、各拠点の路線数を拡大する。井上氏は「仙台空港には9月、札幌線と台北線を就航させるが、これで終わりでない。当社も仙台、東北と一緒に発展していく」と語った。
 講演は仙台商工会議所が主催し7月27日開催。約100人が出席した。


関連ページ: 広域 経済

2017年08月01日火曜日


先頭に戻る