宮城のニュース

夏空やっと 東北梅雨明け

梅雨が明け、仙台市内では夏の青空が広がった=2日午前11時40分ごろ、仙台市青葉区中央2丁目

 仙台管区気象台は2日、東北地方が梅雨明けしたとみられると発表した。同地方の南部は平年より8日、昨年より4日遅い。北部は平年より5日、昨年より4日遅かった。梅雨明けが8月にずれ込んだのは南部、北部とも4年ぶり。
 この日の東北地方は湿った東風の影響で太平洋側で曇った所もあるが、広く高気圧に覆われ、おおむね晴れた。向こう1週間も晴れる日が多くなるという。
 梅雨空続きだった仙台市内でも夏の青空が広がり、中心部では日傘を差した人たちが行き交った。仙台の正午までの最高気温は25.2度だった。
 東北の梅雨入りは南部、北部とも6月21日。7月下旬から北日本に梅雨前線が停滞したため、平年より梅雨明けが遅くなった。
 この日は北陸地方の梅雨明けも発表され、梅雨のない北海道を除く全ての地方で梅雨明けした。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月02日水曜日


先頭に戻る