宮城のニュース

<高校野球宮城>東北、守り崩れる 流れ失い、攻めにも影響

東北−仙台育英 2回裏仙台育英2死二、三塁、長谷川(左)に2点打を浴び勝ち越しを許した東北先発・古川原

 一度失った流れは取り戻せない。東北にとっては野球の怖さを思い知らされる決勝となった。
 二回、仙台育英に1点を追い付かれた後の2死二、三塁で、長谷川の当たりは何でもない三ゴロ。しかし、三塁手野田が捕球しようとした直前、打球が「スパイクで掘れた穴に入って」(野田)イレギュラー。左前に抜け2点を勝ち越された。
 失策の判定が安打に変更される微妙なプレーが、5戦でわずか3失点の守りの野球に動揺を与えた。三回は先発古川原を継いだ葛岡が連続四死球でピンチを招き、失策と犠飛で2点を追加された。
 三回まで2安打を許しただけで5失点。「四球とミスから失点するのは、一番予想していなかった展開」。我妻監督はそう悔しがる。四回は2死一、三塁から重盗を仕掛けたが一走が挟殺死。悪い流れは疫病のようなもの。攻めにも伝染していた。
 今大会、好投を続けてきた古川原、葛岡の両左腕はともに2年生。来年もう一度チャンスがある。試合後、古川原は仙台育英の歓喜の輪をじっと見詰めていた。
 「この思いを忘れず今まで以上に練習し、お世話になった先輩のためにも来年は絶対に勝つ」。眼鏡の奥の視線は、既に次へ向いていた。(安住健郎)

<悔しい気持ちだけ/東北・佐藤碩人主将の話>
 夏の結果が全てだと思っていたので、悔しい気持ちしかない。何が足りなかったのか、今すぐは考えられない。後輩には同じ思いをしてほしくない。来年は雪辱を果たしてほしい。

<慎重になり過ぎた/東北・我妻敏監督の話>
 投手陣は慎重になり過ぎて四球を重ねてしまった。守りも崩れてしまうのは想定外。3年生を中心に素晴らしいチームだったので、どうしても勝たせたいと思っていた。残念だ。


2017年08月02日水曜日


先頭に戻る