宮城のニュース

<楽天>1軍復帰の森原が好投

森原康平投手

 シーズン序盤、東北楽天の「勝利の方程式」を担った森原が1軍復帰、好投したのが大敗の中で明るい材料となった。八回に4番手で登板し3人を内野ゴロに切って取り、「次の登板でも三者凡退を続けたい」と意欲を語った。
 6月9日の広島戦以来、約2カ月ぶりの1軍マウンド。直球主体に13球を投げ、水口、メヒアを共に三ゴロ、外崎(富士大出)を二ゴロに打ち取った。外崎を仕留めた151キロの直球は「押し込めた」と手応えを感じた一球だった。
 守護神松井裕が故障離脱する中、勝ちパターンの継投に戻ってほしい存在。「いずれはそうしたいが、まずはしっかり1イニングを任せてもらえるように。一試合一試合を大事に信頼を勝ち取りたい」。梨田監督は「ボールはある程度戻ってきた。あとは欲しいときに空振りを取れれば」と期待を寄せた。


2017年08月02日水曜日


先頭に戻る