青森のニュース

青森の私鉄3社PR 「鉄道むすめ」コラボ商品、1キャラ千個を主要駅で販売

パッケージには3私鉄の鉄道むすめが描かれ、名刺も入っている

 食品企画会社「JT&Associates(アソシエイツ)」(青森市)は、青森県内の私鉄をモデルにしたPRキャラクター「鉄道むすめ」を描いたハンカチと、各鉄道にちなんだりんごジャムを合わせた「集結限定!電車パッケージセット」を発売した。
 青い森鉄道(青森市)の「八戸ときえ」、弘南鉄道(平川市)の「平賀ひろこ」、津軽鉄道(五所川原市)の「芦野かな」の3種類を用意。りんごジャム(95グラム)は県名の青、県特産のリンゴの赤、芦野公園(同)の桜をイメージしたピンクの3色で、ハーブなどの天然成分で色付けした。
 JT&A社の小山優子代表理事は「ジャムは甘酸っぱい味やほのかな甘みなど、それぞれ異なる。パッケージを買いに青森に来てほしい」と語った。
 セットは1個1800円(税込み)。各鉄道の主要駅などで各セット1000個を販売する。連絡先は017(752)1755。


関連ページ: 青森 経済

2017年08月02日水曜日


先頭に戻る