岩手のニュース

中学教諭、酒気帯び運転の疑いで摘発

 盛岡市教委は1日、市内の中学校に勤務する女性教諭(52)が酒気帯び運転の疑いで任意の取り調べを受けたと発表した。市教委によると、1日午前4時50分ごろ、盛岡市神子田町で自家用車を運転した際、検問での呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。運転免許も不携帯だった。女性教諭は7月31日午後6時から盛岡市内の飲食店でビールを飲み、自宅でも飲酒し午後11時に就寝した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年08月02日水曜日


先頭に戻る