宮城のニュース

<特殊詐欺>300万円被害 仙台市の女性

 仙台南署は2日、特殊詐欺で仙台市若林区の無職女性(90)が現金約300万円とキャッシュカード1枚をだまし取られたと発表した。同署によると、1日午前11時半ごろ、女性方に家電量販店の従業員や預金保険機構職員を名乗る男から「あなたのカードで買い物をしようとしている男がいる」「カードは差し止めた。新しいものを作るので今のカードの暗証番号を教えてほしい」などとうその電話があった。女性が自宅を訪れた同機構仙台支社の職員を名乗る男にキャッシュカードを渡すと、2日までに銀行口座から現金が引き出されていた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月03日木曜日


先頭に戻る