岩手のニュース

<大旗つかめ>盛岡大付(2年連続10度目)本格派3投手そろう

盛岡大付―久慈 2年連続10度目の夏の甲子園出場を決め、喜び合う盛岡大付ナイン

 第99回全国高校野球選手権大会が7日、甲子園球場で開幕する。東北からは青森山田、盛岡大付(岩手)、明桜(秋田)、仙台育英、日大山形、聖光学院(福島)が出場する。夏の甲子園切符を勝ち取った6校を紹介する。

 岩手大会は準決勝までの5試合中4試合でコールド勝ち。決勝も3本塁打、零封と投打で圧倒した。今春の選抜大会ベスト8のチームが、さらなる高みを目指す。
 チーム打率は3割9分5厘を誇る。中軸には高校通算60本塁打の植田、好機を逃さない主将比嘉、打率6割6分6厘の松田が並ぶ。
 右腕平松は決勝で11奪三振の力投を見せた。左腕三浦瑞は速球を軸に切れのあるスライダーで翻弄(ほんろう)する。右腕臼井も加えて球速140キロ台の本格派が3人そろった。誰が先発しても試合を組み立てられるのが強みだ。
 外野は俊足、強肩の左翼林を中心とする堅守で長打を防ぐ。
 関口監督は「強豪校と当たっても堂々と渡り合える。一試合でも多く勝ち取ってベスト4以上を目指したい」と控えめに話すが、チーム目標は全国制覇だ。

 ▽優勝まで 10−1大野、13−3盛岡南、7−0一関学院、6−3花巻南、9−1盛岡四、9−0久慈

部長 松崎 克哉
監督 関口 清治    身長   体重
 投 平松 竜也(3) 182センチ83キロ
 捕 松田 夏生(3) 180   80
 一 菜花 友紀(3) 163   75
 二 小林 由伸(3) 168   66
 三 大里 昂生(3) 177   74
◎遊 比嘉 賢伸(3) 180   81
 左 林  一樹(3) 173   68
 中 植田  拓(3) 165   73
 右 三浦  奨(3) 175   65
 補 三浦 瑞樹(3) 175   65
   臼井 春貴(3) 175   71
   大宮 海星(3) 170   65
   須藤  颯(3) 175   80
   三浦  豪(3) 163   60
   伊藤 大智(2) 165   65
   薮内 海斗(3) 167   80
   松本 跳馬(2) 180   73
   青木 耀平(3) 177   73

メンバー表の◎は主将、丸数字は学年


2017年08月03日木曜日


先頭に戻る