広域のニュース

さんさん夏色 東北遅い梅雨明け 4年ぶりに8月にずれ込む

梅雨明けの青空に映えるヒマワリ=2日午後2時30分ごろ、仙台市太白区西の平

 仙台管区気象台は2日、東北地方が梅雨明けしたとみられると発表した。南部は平年より8日、昨年より4日遅い。北部は平年より5日、昨年より4日遅かった。向こう1週間、晴れる日が多くなるという。
 北陸地方の梅雨明けも発表され、梅雨のない北海道を除く全ての地方で梅雨明けした。仙台市太白区の住宅街の道路沿いでは、盛夏を待ちかねたヒマワリが大輪の花を咲かせていた。
 東北の2007年以降の梅雨入り、梅雨明け時期は表の通り。
 今年の梅雨明けは南部、北部とも4年ぶりに8月にずれ込んだ。管区気象台によると、7月下旬から北日本に停滞した梅雨前線の影響が大きい。この停滞した前線が秋田県内を中心に記録的な豪雨をもたらし、各地で被害が出た。
 県庁所在地の期間中の降水量は青森201.5ミリ、盛岡373.5ミリ、仙台215.5ミリ、秋田284.5ミリ、山形363.0ミリ、福島260.5ミリ。仙台以外は同じ時期の平年値を上回った。


関連ページ: 広域 社会

2017年08月03日木曜日


先頭に戻る