宮城のニュース

それ行けボクラも!アンパンマンストリート完成 仙台駅東口に石像やタイル絵

ペデストリアンデッキのタイルに喜ぶ子どもたち=3日、JR仙台駅東口

 仙台市宮城野区の「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」はキャラクターの石像3体とタイル絵4枚を新たに設置した。JR仙台駅東口からミュージアムまでの通称「アンパンマンストリート」がこれで完成し、3日に完成式典が行われた。
 ミュージアムの星幸子統括や岡崎宇紹宮城野区長らのほか、地元の親子約40人が参加。石像やタイルを見学した子どもたちは、アンパンマンやばいきんまんなどのキャラクターを見つけると笑顔で駆け寄った。
 石像は御影石製で高さ約1メートル。タイルは39センチ四方4枚で1枚の絵をつくる。仙台駅東口のペデストリアンデッキと、ミュージアムに至る宮城野通、東八番丁通の歩道約400メートルの区間に設置された。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月04日金曜日


先頭に戻る