宮城のニュース

<政宗生誕450年>仙台藩祖の功績に感謝

合戦をイメージさせる演舞をする伊達武将隊

 仙台・宮城の礎を築いた仙台藩祖に感謝する催し「伊達政宗公450年生誕祭」が3日夜、仙台市青葉区の勝山館であった。
 政宗が旧暦の8月3日に生まれたことを記念し、仙台藩の文化や作法を伝える一般社団法人伊達家鳳文会と伊達家18代当主伊達泰宗さん(58)が主催。会員ら約70人が参加した。
 聖ウルスラ学院英智中・高の吹奏楽部員約130人が大河ドラマ「独眼竜政宗」の主題曲を力強く演奏。市の観光PR集団「伊達武将隊」が演舞を披露した。
 伊達さんは「政宗公が築いた郷土の文化と歴史を継承し、未来を創る努力を重ねたい」とあいさつした。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月05日土曜日


先頭に戻る