宮城のニュース

<宮城県知事選>多選批判、市長選敗北…村井氏揺らぐ1強 野党は対立候補擁立が鍵

産業振興策を話し合う「富県宮城推進会議」で、出席者の意見に耳を傾ける村井知事(中央)=4日、県庁

 任期満了に伴う宮城県知事選(10月5日告示、22日投開票)は、告示まで2カ月となった。立候補の表明は、4選を狙う自民党系の村井嘉浩知事(56)のみ。くすぶる多選批判に加え、7月の仙台市長選で全面支援した候補者が落選するなど、足元は盤石とは言い難い。昨夏の参院選、同市長選で連勝した野党が、対立候補の擁立で共闘できるかどうかが選挙戦の鍵を握る。(宮城県政取材班)
 「今日から知事選の準備に本腰を入れる」。市長選の投開票があった翌日の7月24日、村井氏は出身母体の県議会最大会派「自民党・県民会議」の議員に告げた。28日にあった後援会主催の会合では、支持者に室内用ポスターを配布。選挙戦への準備を急ぐ。
 知事選の前哨戦とされた市長選で、村井氏は旧知の会社社長菅原裕典氏(57)に出馬を打診。自民、公明両党などが支持した菅原氏は、民進や共産両党などが推した元衆院議員郡和子氏(60)に競り負けた。
 村井氏は「知事選が市長選の対立構図と同じようになる可能性は十分ある。厳しい選挙になる」との認識を示す。盟友が敗れた誤算だけでなく、候補擁立の過程では市議会から「市政への介入だ」と反発を招いた。3期12年の県政運営で築いた「1強」の牙城に、揺らぎが見え隠れする。
 「『強気だった安倍晋三政権と知事が重なる』と支援者に言われた」。自民会派のある県議は、内閣支持率が低迷する政権を引き合いに先行きを懸念する。
 郡氏の当選で勢いに乗る民進党。安住淳県連代表は「野党共闘は必死にやれば結果が出ると確信できた」と自信を強める。
 前身の民主党県連は前回(2013年)の知事選で独自候補の擁立を見送り、自主投票としたが、県議会の系列会派は共闘実現に前向きな姿勢をにじませる。
 候補擁立や野党間の調整で障害になりそうなのが、蓮舫代表の後任を決める党代表選の日程だ。8月21日に告示され、9月1日の臨時党大会で新代表が選出される。安住氏は「知事選はまだ考えられない」と述べ、党としての態度決定には遅れも予想される。
 一方、共産党県議団は週明けにも会派総会を開き、民進との結束に向けて議論を加速させる方針。前回知事選で候補者を擁立した市民グループ「被災者・県民がきずくあったかい宮城の会」が5日に開く集会の動向を踏まえ、今月中に人選などの態勢固めを目指す。
 党県委員会の中島康博委員長は「市民団体の意見を取り入れながら、共闘の枠組みを維持していく」と野党各党に秋波を送る。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年08月05日土曜日


先頭に戻る