宮城のニュース

<仙台七夕>期間中は大規模交通規制 規制エリアと時間帯は

 県警は仙台七夕まつり(6〜8日)の期間中、仙台市中心部で大規模な交通規制を実施する。車両の通行を禁止するのは、見物客で混雑が見込まれる青葉区中心部で、定禅寺通は除く。
 規制は仙台三越周辺の路地が午前8時〜午後10時、電力ビル周辺の一番町3丁目の路地が6日午前7時〜午後10時、7、8日午前9時〜午後10時。中央通に交わる一部路地は午前7時〜午後10時、国分町通と稲荷小路を結ぶ一部路地は午後7〜10時。勾当台公園市民広場周辺の一部は6日午前9時〜8日午後10時となっている。
 迷子などの相談は、市民広場前などに設置する臨時警備派出所や七夕観光案内所で応じる。福祉車両、マイクロバス、キャンピングカー、オートバイに限り、錦町公園(青葉区)を無料駐車場として開放する。
 七夕飾りメイン通りの飾り付け時間は6、7日が午前10時〜午後10時ごろ、8日が午前10時〜午後9時ごろ。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月05日土曜日


先頭に戻る