宮城のニュース

<南東北インターハイ>佐藤(宮城農)初制覇 重量挙げ69キロ級

重量挙げ69キロ級 スナッチ126キロの大会記録を打ち立て、トータルで優勝した宮城農・佐藤

 南東北インターハイ第8日は4日、福島市の福島明成高などで8競技が行われ、重量挙げ69キロ級の佐藤康太郎(宮城農)がトータル269キロで優勝した。弓道の女子団体は新屋(秋田)が3位決定戦で敗れ4位、男子団体は一関工(岩手)が6位、大館桂桜(秋田)は8位だった。

◎スナッチで大会新 圧倒

 トータルで2位に20キロ以上の差をつける圧勝だった。重量挙げ69キロ級は2年の佐藤が初制覇を飾った。
 得意のスナッチは125キロの大会記録更新が目標。3回の試技で「均等に重さを増やしていくのが成功のこつ」。1回目を116キロに設定し、5キロずつ増やして狙い通りに記録を打ち立てた。
 悔しがったのはスナッチの後に行われたジャークだ。156キロの大会記録更新を狙ったが、2、3回目で150キロを失敗。記録は143キロにとどまった。「ジャークでも記録が欲しかった」。残念そうに振り返った。
 3月の全国選抜大会を制し、一躍インターハイの主役に躍り出た。しかし、その後の道のりが平たんではない。4月下旬に左肩を痛め、インターハイの2週間前からは腰痛にも悩まされた。
 練習量を減らさざるを得ない時期もあったが、「必ず結果を出すという気持ちは切らさなかった」。耐えてつかんだ栄冠だ。
 昨年大会は11位。今年は一気に頂点を極めた。来年に向け「次は全てで記録を塗り替える」。新たな挑戦を誓った。(伊藤卓哉)


2017年08月05日土曜日


先頭に戻る