宮城のニュース

<わたしの道しるべ>若者の成長地域で応援

◎まちづくり団体メンバー 斉藤誠太郎さん(32)=石巻市

 東日本大震災後に設立された石巻市のまちづくり団体「ISHINOMAKI(石巻)2.0」で、高校生向けの教育事業を担当しています。意識しているのは地域とのつながりです。
 地元でクリエーティブな仕事をしている大人に話をしてもらったり、1次産業の作業を体験したりするほか、高校生が主体となってイベントも運営します。
 石巻には面白い仕事をしている大人がたくさんいます。「田舎だから何もない」と石巻を出る前に、もっと地元を知ってほしい。就きたい仕事がなければ自分で作る選択肢もあります。
 地域に残った若者にも課題があります。高卒就職者の早期離職です。今後、宮城県の委託事業として高校生向けのキャリア教育支援に取り組みます。
 北海道出身です。神戸大で小学校の教員免許を取得しましたが、今は民間の立場での教育活動に意義を見いだしています。学校やNPOとの連携を進め、地域全体で若者の成長を応援する環境を整えたいです。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月06日日曜日


先頭に戻る