宮城のニュース

<楽天>一発攻勢で2連勝

1回東北楽天無死、茂木が左越えに同点ソロを放つ。捕手吉田=コボパ宮城

 東北楽天は一発攻勢で2連勝。0−1の一回、茂木の14号ソロで同点とすると、三回にはアマダーの16号2ランで勝ち越し。五回にもアマダーの2打席連続となる17号2ランで5−1と差を広げた。5−4と迫られた八回にも3得点し、突き放した。先発美馬は七回途中まで1失点でしのぎ、自己最多タイの9勝目。その後は4投手の継投でロッテの反撃をかわした。
 ロッテは涌井が5回5失点と精彩を欠いた。

 東北楽天−ロッテ14回戦(東北楽天11勝3敗、18時、Koboパーク宮城、24,622人)
ロッテ 100000031=5
東北楽天10202003×=8
(勝)美馬18試合9勝3敗
(敗)涌井18試合3勝8敗
(本)加藤3号(1)(美馬)=1回、茂木14号(1)(涌井)=1回、アマダー16号(2)(涌井)=3回、アマダー17号(2)(涌井)=5回、根元1号(3)(ハーマン)=8回

☆イヌワシろっかーるーむ

<久保裕也投手(3失点したハーマンに代わり、八回2死一塁から火消し役をこなす)>
 「走者一塁だからヒット1本ならOKと思って、力まずに投げた。点差や場面に関係なく、勝つために抑えるのが仕事」

☆梨田の話ダ

<代えたら意味がない>
 「(第1打席で)二塁打も打っていたし、あそこで代えたら意味がない。打たせて良かった」(八回1死二、三塁で9番オコエをそのまま打席に送り出した理由を説明して)


2017年08月06日日曜日


先頭に戻る