宮城のニュース

<ひまわりの丘>42万本 大輪咲き競う

「小さな太陽」が咲き競うひまわりの丘

 「ひまわりまつり」(宮城県大崎市三本木振興公社主催)が開かれている大崎市三本木斉田のひまわりの丘で、花が見頃を迎えた。
 6ヘクタールに約42万本のヒマワリが咲き競う。名取市から長女(2)と訪れた主婦(37)は「数がすごい。こんなに黄色が続くなんて」と感動した様子だった。公社によると8割ほどが花を付け、10日ごろまでにピークを迎えそうだという。
 まつりは13日まで。午前9時〜午後5時。運営協力費の駐車料(普通1台300円、大型1000円、ヒマワリの種付き)が必要。連絡先は公社0229(52)6232。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年08月06日日曜日


先頭に戻る