宮城のニュース

「わたしのドイツ」想像のドイツを思い思いに描く 仙台で子ども作品展

 子どもたちがドイツの風景や食文化などを思い思いに描いた絵画コンテスト「わたしのドイツ」の応募作品が、仙台市青葉区の東北工大一番町ロビーで展示されている。9日まで。
 ドイツ大使館(東京)が昨年、「クールなドイツ」をテーマに全国から募った512点のうち、県内の小中学生の作品142点を展示。ドイツの城や田舎の風景、ソーセージやビールなどが水彩や貼り紙で色鮮やかに描かれている。
 主催する仙台日独協会のウィルヘルム菊江常務理事事務局長(72)は「ドイツに興味を持つきっかけになればうれしい。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛ける。入場無料。連絡先は協会022(262)7430。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月07日月曜日


先頭に戻る