宮城のニュース

<楽天>松井裕20日すぎにも復帰 回復順調「できるだけ早く」

 左肩のけがで離脱していた東北楽天の松井裕樹投手が早ければ20日すぎにも復帰する可能性があることが、6日分かった。松井裕は抑えとして大車輪の活躍で43試合に投げ、3勝1敗、リーグ2位の29セーブ、防御率0.20を記録。だが7月26日に左肩痛を発症し、27日に仙台市内の病院で「左肩大円筋付着部炎、部分損傷」で復帰まで4週間と診断されていた。
 松井裕投手は4日から1軍の練習に復帰し、中距離のキャッチボールをこなすなど元気な姿を見せている。首脳陣は順調な回復と判断しており、近日中に再度検査を受けた結果を踏まえ、問題がなければブルペン投球など本格的な投球練習を再開させる。その後一度の2軍戦での登板を経て、1軍選手登録される見通しだ。
 松井裕は「すぐにでも登板できそうな感覚はあるが、再検査の結果を踏まえてできるだけ早く復帰したい」と語った。
 また、腰痛で戦線離脱していた藤田一也内野手も8日から1軍復帰する。左脚を負傷していたペゲーロ外野手も近日中に検査を受け、復帰の時期を判断する。


2017年08月07日月曜日


先頭に戻る