宮城のニュース

<楽天>森原、2カ月ぶりの本拠地登板 直球主体で無失点にしのぐ

【東北楽天1―3ロッテ】東北楽天2番手の森原=コボパ宮城

 東北楽天の森原が約2カ月ぶりに本拠地のマウンドに戻ってきた。0−2の七回に2番手で登板し、直球主体の投球で無失点にしのいだ。
 2死三塁のピンチを招いたが、最後は荻野を伸びのある140キロ台後半の直球を続けて左飛に打ち取った。開幕当初から任された勝ちパターンの七回の役割を再び担うため、「今後も無失点の投球を続けていきたい」と意欲を見せた。
 梨田監督は「一番いいときの状態ではないが、打者を抑える球が少しずつ増えてきている」とさらなる奮起を促した。


2017年08月07日月曜日


先頭に戻る