宮城のニュース

<リボーンアートフェス>開幕2週間で来場者2万人

 石巻市は8日、牡鹿半島などで開催中のアートと音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル」の来場者が、開幕から2週間の速報値(4日現在)で約2万人だったと発表した。実行委員会は9月10日までの会期中の来場者を約20万人と見込んでいる。
 市によると、アート作品の各展示会場の来場者を合わせた観覧者数は延べ1万8700人。オープニングセレモニーやミニライブの来場者を含めると2万人を超えると推計した。アート作品を観覧するパスポート購入者は3000人余りにとどまるという。
 川崎町で7月28〜30日にあった大規模な野外ライブイベント「APバンクフェス」の来場者約3万3000人は今回の速報値には含まれていない。
 亀山紘市長は「数字だけ見ると目標達成が厳しい感じもあるが、数字よりも多くの方に来てもらえていると思う。夏休み期間中に多くの人に来てもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年08月09日水曜日


先頭に戻る