宮城のニュース

<仙台七夕まつり>最終日、泣きっ面に風

アーケード街に吹き込んだ風に七夕飾りが揺れ、強い雨が路上に打ち付けた=8日午前、仙台市青葉区の東二番丁通

 仙台七夕まつりは8日、3日間の日程を終えた。最終日の仙台市中心部は台風5号の影響で、風雨が断続的に強まった。雨よけのビニールに包まれた吹き流しが風に揺れ、観光客は足元を気にしながら見物した。
 主会場の市中心部の商店街のうち、一番町四丁目商店街(青葉区)は安全確保のため午前10時から七夕飾りを撤去させる異例の対応を取った。勾当台公園市民広場(同)ではステージショーなど全イベントが中止された。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月09日水曜日


先頭に戻る