宮城のニュース

作業中の男性機械に巻き込まれ死亡 日本製紙石巻工場

 9日午後4時25分ごろ、宮城県石巻市南光町2丁目の日本製紙石巻工場で、作業中の男性が機械に巻き込まれたと119番があった。男性は間もなく死亡が確認された。石巻署によると、男性は10代後半。同署は作業事故の可能性が高いとみて原因を調べている。
 工場によると、男性は同社従業員ではなく、敷地内のボイラーを補修するため足場を組む作業中に転落し、ベルトコンベヤーに巻き込まれたとみられる。ベルトコンベヤーは石炭の焼却灰の運搬用として使われている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月10日木曜日


先頭に戻る