宮城のニュース

<いちおし土産>人気キャラ 焼き印に

ほんのりとユズの香りがするひかりちゃん☆サブレ(右)と未来んロケット

◎ひかりちゃん☆サブレ/小田嶋(宮城県角田市)

 角田市内の小学校のあいさつ運動などに活躍するキャラクター「ひかりちゃん☆」の焼き印が、かわいらしい。地元や丸森町産などのユズのピューレを混ぜ、甘さ控えめの飽きない味。親子連れに根強い人気を誇るサブレだ。
 思いやりの心などを持つひかりちゃん☆は、2010年の市の夏まつりでデビュー。角田の新しい名物を生み出そうと、1910年創業の老舗の小田嶋が2011年1月に商品化した。
 4代目の小田嶋紳也さん(43)は「サブレは日持ちが良く、誰もが食べやすい。子どもが喜ぶ角田らしい菓子を作りたかった」と話す。
 角田が宇宙のまちを掲げた約30年前には、サツマイモの餡(あん)をパイで包んだまんじゅう「未来んロケット」を開発した。宇宙、ゆるキャラと定番をそろえ、小田嶋さんは「角田の発信に協力したい」と意気込む。

<メモ>ひかりちゃん☆サブレ1枚140円、未来んロケット1個129円。小田嶋の営業時間は午前8時半〜午後7時。第1、第3水曜定休。連絡先は小田嶋0224(62)2206。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月10日木曜日


先頭に戻る