宮城のニュース

<ベガルタ>シュミット守り抜く 無失点試合に貢献

 GKシュミットが好セーブを披露し、仙台にとって7戦ぶりの無失点試合に大きく貢献した。「チームメートに助けられたおかげで無失点で終われた」と振り返った。
 速さと力強さがある磐田の攻めに、仙台はひたすら我慢を強いられる時間帯が続いた。浴びたシュートは15本、CKとFKは計24本。それでもどうにかゴールを守り抜いた。
 シュミットは「自分の中でミスが少しあっても、うまく切り替えることができた。その意味では集中できていた。久しく勝っていないので次こそは勝ちたい」と話した。


2017年08月10日木曜日


先頭に戻る