岩手のニュース

<甲子園>盛岡大付、昨夏覇者破る 強気の投球苦境しのぐ

作新学院−盛岡大付 2安打1失点で完投した盛岡大付の主戦平松(庄子徳通撮影)

 盛岡大付が昨夏の覇者、作新学院を破って2年連続で初戦を突破した。9四死球を与えながら2安打1失点で完投した平松は「苦しかったが、素直にうれしい」とはにかんだ。
 「立ち上がりは緊張した」。気持ちがそのまま投球に表れた。制球が定まらず、わずか8球で1死満塁とピンチを招き、暴投で先制を許した。続く二、三回も先頭打者を歩かせた。
 苦境をバッテリーの機転で乗り切った。制球が不安定だった直球から変化球主体に組み立てを切り替えると、タイミングが合わない相手打線を沈黙させた。五回、圧巻の三者連続三振で流れを引き寄せ、味方の援護につなげた。捕手の松田は「うまくはまった」と喜ぶ。
 強気の姿勢も右腕を支えた。四死球こそ多かったが、恐れずに内角を鋭く突き続けたからこそ変化球が生きた。「強い気持ちを持っていた。4死球もその表れ」と松田。九回2死満塁のピンチも攻めに徹したバッテリーが相手の勢いを断ち切った。
 今春の選抜大会は背番号10の三浦瑞の好投で8強入り。「一人で投げてしまったんで、次は三浦と継投で頑張りたい」と平松。見せ場のなかった左腕に少しだけ視線を向け、次戦への意気込みを語った。(剣持雄治)


2017年08月10日木曜日


先頭に戻る