宮城のニュース

<ベルフィーユ>譲渡無効 姫路のVリーグ参戦取り消し

 日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は10日、女子で2部相当のチャレンジリーグに所属していた仙台ベルフィーユからクラブチームの姫路へのチーム譲渡が無効になったと発表した。姫路の2017〜18年シーズンからの同リーグ参戦は取り消される。
 機構は7月29日の理事会で「チームの継続性が認められる」として譲渡を承認。他チームへの移籍を望む選手の所属を姫路に変更するなどしていた。
 機構は、ヒアリングなどの再調査の結果、両チームの合意内容に機構規約の要件を満たしていない点があることが判明したため、9日の理事会で承認決議を取り消したと説明している。
 仙台ベルフィーユを保有したNPO法人の荒谷敏理事長によると、姫路移籍が決まっていた選手は2人だが、3日になって機構から「選手8人の移籍がなければ譲渡は成立しない」と連絡があったという。
 荒谷理事長は「機構からはそれまで、移籍の人数に関する規約の説明はなかった」と今回の対応に不満を示す。関係者は「他のチームから異議が出て、慌てて対応を変えたのではないか」と指摘した。
 仙台ベルフィーユの監督だった葛和伸元氏は、選手の移籍に影響が及ぶことなどを懸念し「振り回されている選手たちがかわいそうでならない」と話した。


2017年08月11日金曜日


先頭に戻る