宮城のニュース

<南東北インターハイ>中新田充実の2位 カヌー男子スプリントカヤックフォア200

男子スプリント・カヤックフォア(200メートル)決勝 2位入賞を果たした中新田

 南東北インターハイ第14日は10日、山形県西川町の月山湖カヌースプリント競技場などで7競技があり、県勢はカヌー男子のスプリント・カヤックフォア(200メートル)で中新田(今野、佐々木敬、佐々木誠、佐藤)が2位に入った。なぎなた団体で仙台育英が決勝トーナメントへ駒を進めた。柔道男子個人では100キロ級の今野祐斗(東北)が3回戦へ進んだのが最高だった。

◎強豪谷地に肉薄0秒411差

 4人で全力を出し切った。カヌー男子スプリント・カヤックフォア(200メートル)で、中新田は堂々の2位。唯一の3年生、今野主将は「楽しいレースができた。悔いはない」と後輩たちの頑張りに感謝した。
 総合優勝した谷地(山形)に食らい付いた。スタートダッシュは決まったが、序盤からピッチを上げてスピードに乗る地元の強豪谷地に先行を許した。500メートルと違い200メートルでは、持ち味の強いストロークで追い付くのには距離が足りなかった。
 レースを制した谷地とはわずか0秒411差。2年の佐々木敬は「あれだけ詰められたのだから悔いはない」。同学年の佐々木誠も「昨年は決勝に行けなかったから2位はまずまず」と成長に手応えを感じていた。
 チームは来季、1、2年生の3人を中心に引き継がれる。1年の佐藤は「今野先輩を1位にさせられなかった。主力メンバーになって谷地の連覇を止める」と悔しさを胸に飛躍を誓う。木村監督は「残る部員を強化して来年の大会に臨みたい」と話す。
 今野主将の背中を追ってこぎ続けた後輩たちの新たな挑戦が始まる。(岩崎泰之)


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年08月11日金曜日


先頭に戻る