福島のニュース

絵画や漆工芸、写真…仏壇メーカー社員がグループ展 あふれるアート魂多彩に

多彩な作品が並ぶ会場

 福島県会津若松市の仏壇仏具製造「アルテマイスター」で絵画などを創作する社員有志の企画展「アルテマイスター・クリエイターズ」が、同市本町のスペース・アルテマイスターで開かれている。16日まで。
 同社は1900年創業で、美術やデザイン系学校を卒業し、独自の創作活動も続ける社員が多い。今回が初のグループ展で、20〜60代の31人が絵画、漆工芸、立体作品、写真など約50点を展示した。
 今年の第80回河北美術展洋画部門で最高賞の河北賞を受賞した天満秀人さん(30)は、寂しげな男性の横顔と夏祭りで花火を眺める親子を描いた。左半分は黒板で来場者が自由に絵や言葉を書き込め、遊び心にあふれている。
 このほか、多角形のオブジェのような斬新なデザインの照明、人間の胃の形をした漆塗りの皿など多彩な作品が並ぶ。入場無料。


関連ページ: 福島 社会

2017年08月11日金曜日


先頭に戻る