広域のニュース

宮城のもてなしPR 知事ら函館でキャンペーン

特設ステージで宮城への誘客を呼び掛ける伊達武将隊のメンバーら

 仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会は9、10日、北海道函館市で観光PR活動を展開した。村井嘉浩知事らがアクセスの良さや豊かな食、温泉などの魅力をアピールし、道南からの誘客を呼び掛けた。
 函館蔦谷書店の特設ステージには10日、県やみやぎおかみ会、9市町の担当者ら約20人が駆け付けた。村井知事が「北海道新幹線で2時間半。おもてなしの宮城にぜひ、足を運んでほしい」とあいさつし、伊達武将隊が演舞を披露した。
 会場には特産の油ふや入浴剤などが入った観光パンフレット600セットを用意し、職員が店内を回って来場者に配布した。
 北海道での観光PRは昨年6月に続いて2回目。JR函館駅でも実施した。


関連ページ: 広域 経済

2017年08月11日金曜日


先頭に戻る