宮城のニュース

宗教画にじむ情熱 ルオー展、仙台で開幕

初日から大勢の来場者が訪れたルオー展

 「20世紀最大の宗教画家」と評されるフランスのジョルジュ・ルオー(1871〜1958年)の作品を一堂に集めた「ルオーのまなざし 表現への情熱」(宮城県美術館、河北新報社、東日本放送主催)が12日、仙台市青葉区の宮城県美術館で開幕した。
 日本有数のルオーコレクションを誇るパナソニック汐留ミュージアム(東京)の所蔵作品を中心に、ルオー財団(本部パリ)の協力を得て、初期から晩年までの油彩画約80点、版画約50点をそろえた。ワシリ・カンジンスキーら同時代の表現主義作品も併せて展示している。
 来場した太白区の会社員椛島英子さん(50)は「明るい宗教画をイメージしていたが、初期の重く暗い絵も迫力があり良かった。年を経るごとに同じ人と思えないほど色使いが変化していて興味深い」と話した。
 10月9日まで。入場料は一般1500円、学生1300円、小中高校生750円。


関連ページ: 宮城 社会

2017年08月12日土曜日


先頭に戻る