宮城のニュース

オリックス、好投手相手に連勝

 オリックスがエース級の好投手を相手に連勝を飾った。10日に西武の菊池(岩手・花巻東高出)、この日は今季初対戦の岸を攻略。福良監督は「いいところでタイムリーが出て良かった」と話した。
 1−2の四回1死二、三塁から、9番打者の若月の2点二塁打で逆転し、T−岡田の適時打とマレーロの2ランにつながった。一挙5点を奪った攻撃に、福良監督は「下位(打線)が打つとビッグイニングになる」とうなずいた。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年08月12日土曜日


先頭に戻る