宮城のニュース

「生ジョジョ」大迫力 カラー原画、モノクロ原稿など380点以上を展示

コミックの表紙や名場面の巨大オブジェで記念撮影する来場者

 人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者で仙台市出身の荒木飛呂彦さん(57)の原画展「ジョジョ展 in S市杜王町2017」が12日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで始まった。9月10日まで。
 2012年以来、5年ぶりの開催。今回は仙台がモチーフの「杜王町」を舞台にした第4部、現在連載中の第8部を中心にカラー原画、モノクロ原稿など380点以上を展示している。
 会場には第4部コミック各巻の表紙、名場面の原稿を描いた巨大オブジェが登場。来場者には原画展の関連情報が載った「杜王新報 特別号外」が配られた。
 オープニングセレモニーで、荒木さんは「5年間に描きためた作品もあり、前回よりパワーアップしている。来場者の記憶に残る原画展になってほしい」とあいさつ。奥山恵美子仙台市長らとテープカットした。
 原画展は「ジョジョ−」誕生30周年を記念し、河北新報社などの実行委員会と仙台市が主催した。展示するモノクロ原稿を休館日の8月24日に入れ替える。入場券はローソンチケットで発売中。日にち指定土日券、平日券の2種類あり、料金は大人2000円、高校生以下1200円。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年08月12日土曜日


先頭に戻る