宮城のニュース

子育てしやすい町PR 七ヶ宿で自然体験会 ひとり親家庭対象

 宮城県七ケ宿町の移住・定住支援拠点「七ケ宿くらし研究所」は19日、ひとり親家庭対象の自然体験会を開く。水や緑の美しさに触れ、子育て環境の良さを感じてもらう。
 JR仙台駅から無料送迎バスを運行する。出発は午前8時半で、川遊びや農業体験の終了後、午後5時15分に戻る予定。
 県内最少の人口1500弱の同町は、保育料や給食費、高校生までの医療費無料化、子どもの数に応じた総額30万〜70万円の支援金などを設け、子育て世帯の移住、定住に力を入れる。
 研究所の担当者は「多様な支援策があり、待機児童はゼロ。子育てしやすい町を知ってほしい」と話す。
 定員20人で先着順。参加費は1人300円で、未就学児は無料。希望者は研究所ホームページから申し込む。長靴や軍手、飲み物などは持参する。保護者の同意があれば小学5年以上の子どもだけの参加も可能。連絡先は0224(26)6933。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年08月14日月曜日


先頭に戻る